メイン画像1

メイン画像2

メイン画像3

ウォーターサーバー構造を知りたい

いつでも冷水と温水が使える便利なウォーターサーバーですが、サーバー内部の構造いついて知らない方が案外多いのではないでしょうか。冷水と温水を常備するウォーターサーバーは24時間コンセントを差しっ放しぱなしにして使用するのが通常ですが、電気代が驚く程安いのです。

ウォーターサーバーの内部には冷水用タンクと温水用タンクとが入っています。サーバーの上からボトルを差すことで冷温タンクに水が補給されます。その名の通り冷水タンクでは水を冷やし温水タンクでは水を温めます。冷温ともにタンクの容量は2リットル程度ですが、使用する水の量に合わせてボトルから水が流れ込む仕組みになっているので、よほど大量の水を使わない限りいつでも好きな時に冷温水が利用できるシステムになっています。

ウォーターサーバーの電気代が安いのは、タンクに保温効果があるからです。保温が自動的に持続するので常に電気を消費しているわけではないのです。コンセントを差しっ放しにしていても電気代が安いのはウォーターサーバーの構造のおかげなのですね。気になる電気代は1ヶ月に1000円程度です。これは電気ポットが消費する電気と同じくらいなので、冷水も兼ね備えているウォーターサーバーに軍配が上がるのではないでしょうか。まるで魔法のような便利な機械で、体に良い安心安全なおいしい水を摂取できるわけですから、もはやウォーターサーバーを導入しないわけにはいきませんね。安全な水が好まれるこのご時勢、一家に一台が当たり前となる時代もそう遠くはないでしょう。

3人家族で必要な飲み水の量とは?

1人が1か月に必要な飲み水の量は、12リットルボトル1本だと言われます。3人家族の場合なら、12リットルボトル3本分ということになります。つまり、36リットルです。今回は12リットルボトルを基準にして3本、と算出しましたが、ウォーターサーバー業者によって取り扱うボトルの形状は異なります。20リットル入りの水ボトルを使用している業者もあります。それを考えながら、必要なボトルの本数を考えると良いでしょう。定期購入を検討しているウォーターサーバー業者では、どのような形でボトル水を提供しているのか、調べてみても良いですね。 

1人が1か月に使用する飲み水の量は12リットルボトル1本、というのはあくまで目安となります。その家族がどのような使い方をするかによって、3人家族の1か月分の利用料は、かなり変わってくるのではないかと思います。たとえば、普段は家を空けていて、ウォーターサーバーの水を飲み水として使わないという家庭なら、飲み水はこれより少なくなることもあるかと思います。逆に、普段から家にいて、コーヒーを作ったり麦茶を作ったり、あるいはそのまま飲用したりと、頻繁に使う予定であるのなら、これ以上の消費量になると考えたほうが良いでしょう。 

また、飲み水ではありませんが、炊飯や料理にもお水を使うようなことがあれば、当然使用量は増えます。炊飯や煮物は、かなりのお水を使うものだからです。カレーやシチューも同様です。

2人家族で必要な飲み水の量とは?

ウォーターサーバーの利用を考えるうえで、気になるのがコストです。2人家族で必要な飲み水の量はどのくらいなのでしょうか。ウォーターサーバーの水宅配を始めるのに必要なコストは、サーバーのレンタル料、ボトル水代、それに電気代です。電気代というのは、ウォーターサーバーを運転させるための電気代ですね。ウォーターサーバーを始めると、スイッチを押すだけで、いつでも温水と冷水が飲めるようになります。これは、ウォーターサーバーの保温機能と、保冷機能によるものです。これらの機能をキープさせておくために、電気が必要になるわけです。ウォーターサーバーを動作させるためにかかる電気代は、1か月平均で約1,000円です。ウォーターサーバーのレンタル料は、必要な業者と、無料の業者があります。また、お水は12リットルボトルで計算することにします。2人家族の場合、ボトル水の使用料の目安は、2本(24リットル)です。これを考えに入れると、だいたい1か月に2,500円~3,570円かかるということになります。 

これは、2人家族の1か月の使用量の目安が、12リットル入りボトル2本分として考えた場合です。 

しかし、2人でどのくらいの飲み水が必要か、というと、それぞれの使い方によっても変わるかと思います。たとえば、いつも家にいて、頻繁にウォーターサーバーを利用するとなると、これより多くなります。逆に、昼間ほとんど家にいないDINKS家庭の場合は、これより少なくなる可能性もあります。

試飲販売

"最近、ショッピングセンターやアウトレットモールへ買い物へ行った際に、ウォーターサーバーの試飲を毎回のように見かけるようになりました。 ウォーターサーバーの台数も10台くらい置いてあり、スタッフの方々も多いときで5人程いらっしゃいます。 試飲販売といっても試飲する方がほとんどで話をちゃんと聞いている方を見かけたことはほとんどありません。 場所の使用費、人件費を考えるとかなりの経費がかかるはずなのに、そういう中でもこのような試飲販売をするということは1台契約してもらえるとかなりの利益になるのかなっと想像してしまいます。 確かに、1台契約してもらえばウォーターサーバーのレンタル代、水の交換用ボトルの販売と付随して毎月の売上が発生してくるとは思います。 ただ、それだけの売上を考えても最近の試飲販売の頻度は多すぎるのかなと思ってしまいます。 もしかしたら他に何か関連商品の購入なども促されるのではと不安にさえなってしまいます。 ただ、ショッピングセンターなどでそういうことが行われるとショッピングセンター側もマイナスなイメージがついてしまうため、許可を出す際にちゃんと調査をしているはずなので、大きいショッピングセンターなどでやっているメーカーさんは安心できると思います。"